うにへのこだわり

当店のウニはミョウバン不使用、無添加にウニを使用し、ウニ本来の美味しさをご提供させていただいております。

吟味を尽くした海の幸 大地の恵み。

うにむらかみのウニは、ミョウバン不使用、無添加のうにを使用しております。一般的には「明礬(ミョウバン)」という食品添加物を使用し形を保つのですが、ミョウバンを過度に使用すると、特有の渋みがウニに付いてしまうため、うに本来の甘みが減る原因となります。 ミョウバンを一切使用していない無添加の生うには、ミョウバン特有の渋みがなく甘みも減らないので、口の中に入れた瞬間、うに本来の濃厚でクリーミーな甘みがとろけるように広がります。

器は料理のきもの

美と食の巨人、北大路魯山人の言葉が表すようにお料理と器が調和し響き合ってこそ食の愉しみは増してきます「函館うに むらかみ」のこだわりも、そこにあります。和の滋味、洋の美味、それぞれの料理を盛り付ける器を吟味することで、味わいをいっそう深めたい。舌の目で味わうことの 愉越を「函館うに むらかみ」で心ゆくまでお愉しみください。

うに専門店ならではのうに料理の数々をお楽しみください。

うに丼やうに刺など、生で食べることはもちろんのこと、蒸したり、焼いたりなどの調理をするとミョウバンを使用したうにと比べ、甘みの違いは歴然です。 うにを知り尽くした職人による、他では食べることのできない、むらかみならではのうに料理をご堪能ください。

北海道産を中心としたウニを使用

当店は1年を通じて北海道を中心にいろいろなところからウニを仕入れております。 仕入れたウニは保冷トラックで輸送され、自社工場到着後は徹底された温度管理のもと 鮮度を維持し新鮮なうちに生うにへ加工されているため、 直営店ならではの鮮度の良さでお客様へ提供させていただくことができます。
※時季により、ロシア産(北方四島地区)や青森産になる場合もございます。

開店より変わらぬ想いで
日々お客様と接しております

生うにの加工会社に嫁いでからどうして美味しいうにが世の中に出回らないのか…ずっと疑問に感じていました。 多くの方々が「うには臭くて苦いから嫌いだ」とおっしゃるので北海道のうには本当に甘くてクリーミーで美味しいのに・・・と。

流通の際に日持ちさせるために使用するミョウバンという保存料がうにの甘さを消し、薬品特有の渋みや舌に残る嫌な感じが原因だと思い、それならばミョウバンを使わず無添加で美味しい生うにを知ってもらおう!と、うにむらかみを立ち上げました。

実はミョウバンを使わないことは簡単なことではなかったのです。

天候やしけに左右されるうには、獲れてから保存がきかず、そのうえ、鮮度が落ちると甘みが抜け、うにの独特のえぐみや苦味が出てきてしまいます。
加工した後も日持ちがせず、形が崩れやすく溶けやすいため本当に扱いが難しいのです。

仕入れた原料から色や形のいいものを厳選し、新鮮なままで提供できる数量を予測しながら自社工場で加工する事や、 一年を通じて美味しいうにをご提供できるようにと、どんなに仕入れが高騰してもうにを買い、お客様に喜んでいただきたい思いから時には損をしてでも、ご提供しております。

本当に美味しいうにを味わっていただきたい・・・
開店より変わらぬ想いで日々お客様と接しております。


女将 村上りえ子